TOP >[日本語記事] > 日本と関わりがあり、日本に進出しているアフリカの航空会社

日本と関わりがあり、日本に進出しているアフリカの航空会社

本日は、日本に進出しているアフリカの航空会社についてご紹介いたします。

1.アフリカ航空

アフリカ航空は、南アフリカ共和国を代表する航空会社で、ヨハネスブルグのO・Rタンボ国際空港が本拠地です。国際機関のベストエアライン賞などを受賞してきました。アフリカ最大でアフリカで最も歴史のある航空会社で、2006年スターアライアンスに加盟しました。現在は、ボーイング社の機材から、エアバス社の機材へと変化しています。

1934年、南アフリカ政府がユニオンエアウェイブを買収し、南アフリカ航空と名を変えました。しかし、アパルトヘイト政策をとっていた時は、他のアフリカの国々が南アフリカ航空が領空を通過するのを拒否したので、大西洋上空を飛んで遠回りをしました。アパルトヘイト政策をなくした今は、他のアフリカの国が上空を通過するのを認可しました。

日本からの直行便はありませんので、香港からの乗り換えが一般的です。成田、関空発は、ANAとの共同運航です。

2.エジプト航空

エジプト航空は、政府がオーナーの代表航空会社です。アフリカで2番目に大きい航空会社です。1932年設立し、世界で7番目の歴史があります。1971年、現在の名に変えました。中東で初めてジェット機を運航した会社です。

機材は、最新のボーイングB777を使用しています。ヘッドレストがエコノミークラスにもあり、長時間のフライトの疲労がたまりません。日本人の客室乗務員もついているので日本語が通じます。

機内食メニューは2か月ごとにかわり、日本便には、和食サービスがあります。エジプトはイスラム教が主な宗教なので豚肉はでません。アルコール飲料もありません。しかし、日本語の週刊紙、新聞などがあり、機内の免税品は、自宅まで届けてくれます。音楽サービスなども充実しています。

3.エチオピア航空

エチオピア航空は、本拠地がアディスアベバにある、株式の100%をエチオピア政府が所持する1945年設立のエチオピア代表の航空会社です。当初は政府直轄でしたが1965年政府が100%出資する会社になりました。トランスワールドの航空に援助されましたが、1971年以降、エチオピア人のみで経営しています。

2011年スターアライアンスに加盟しました。アフリカで東西横断便を毎日就航しているただ一つの航空会社です。今年で国営化70年を迎えます。常に新機材を使い5年で新しい物に変えています。最新のボーイングB787を週3回、直行便が運航しています。それ以外でもANAとの共同運航しています。

機材は、近代的で環境に良い物を使っています。エチオピア航空は、効率がよく、経営ではアフリカで1位とされており、創業からほとんど毎年黒字です。先駆的なアフリカの航空会社です。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。





シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧