TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているキルギスの企業の紹介

日本に進出しているキルギスの企業の紹介

キルギス共和国は人口およそ600万人、中央アジアの高原地帯に位置する、日本の半分ほどの面積の内陸国です。同国は旧ソ連を構成する共和国の一つでしたが、ソ連崩壊に伴い1991年に独立しました。

本日は、日本に進出しているキルギス企業とその製品をいくつかを紹介します。

1.Кыргызский союз пчеловодов(キルギス共和国養蜂家協会)

キルギスの耕地面積は広くはありませんが、周辺国と異なり砂漠地帯がなく気候に比較的恵まれているため、綿花、タバコ、果実栽培、そして養蜂が盛んです。

養蜂は同国の主要産業の一つであり、良質のはちみつが生産されています。キルギス共和国養蜂家協会は、各種のはちみつに加えて、ロイヤルゼリー、花粉、プロポリス等も取り扱っています。

日本では特に「白いはちみつ」が人気です。「白いはちみつ」は上品な味わいでクリームのように白く、6種類の高山ハーブを蜜源として現地では風邪の予防等にも用いられ、2013年には世界養蜂大会で金賞に輝きました。

はちみつ専門店やAmazonなどの各種通販で入手が可能です。

2.「遊牧民の家」キットを販売しているUniYurt(ユニユルト)

今はほとんどの国民が定住生活を送っていますが、キルギスはもともと遊牧の国でした。キルギス遊牧民の移動式住居「ユルタ」は、モンゴル族の「ゲル」と同様の構造で、柳の枝などで作った骨組みをフェルトで覆ったものです。

「先祖の文化遺産を守り、遊牧民の技術を未来へ伝えていく」というコンセプトで、ユルタのミニチュア組立キットを製造しているのがユニユルト社です。

製品は直径30センチほどでさほど大きくはありませんが、実物のユルタと全く同じ手順で組み立てと解体を行うことができ、大人にも子供にも楽しめるものになっています。

日本では株式会社MOMCOM が販売しています。

3.Ассоциация “Одно Село Один Продукт(イシククリ・一村一品組合)

2006年、キルギス・イシククリ州ではJICA(国際協力機構)によるコミュニティ活性化プロジェクトが始動しました。

翌年には日本の「一村一品運動」をベースにし、JICAのプロジェクトから誕生した「一村一品プロジェクト」が始まり、点在する生産者をまとめるために、「一村一品組合」が立ちあげられました。

同組合は、地元で調達された材料を用いて、羊毛フェルト製品、ジャムやオイル、じゅうたんなどの製品をていねいに作り上げ、2011年には州都カラコルに「イシククリブランド」のショップを開店しています。

その年、イシククリの羊毛製品は「無印良品」とJICAによる共同プロジェクトに参加、秋にはパスケースなどの小物が「無印」の店頭に並びました。

以後、イシククリの羊毛製品は定番商品となっています(数量が限られているため、常時置いているわけではないようです)。

キルギスは「遠い国」「秘境」というイメージがある一方で、人々の顔立ちが日本人にとてもよく似ていることから、何か親しみも感じさせます。

日本進出により、「中央アジアのスイス」ともいわれる同国の魅力が伝えられることが期待されます。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧